FXをこれから始める人は、少しでも良いので専門用語を事前に覚えておきましょう。 専門用語を知らないとスムーズに取引できないことがありますから、時間がある時にでも勉強しておいた方が良いです。 ここでは、FX投資で最低限知っておきたい用語として、次の5つをご紹介します。 ・ミセスワタナベ ・レジスタンスライン ・サポートライン ・リミットオーダー ・ボクシングデー ミセスワタナベとは、FXをしている日本の主婦のことです。 どうして「ワタナベ」という名称になったのかは分かりませんが、欧米外為ディーラではこのような名称で呼ばれています。 レジスタンスラインはテクニカル分析やチャート分析に使用する上値抵抗線のことをいい、サポートラインは下値支持線のことをいいます。 リミットオーダーとは、値段指定をして注文を行うことで、単にリミットと呼ぶケースも多いです。 ボクシングデーは12月26日(クリスマスの翌日)で、イギリスやオーストラリア、カナダなどでは休日になります。 ロンドン、パリ、香港など、多くの取引所が休場になるため、この日に限っては東京とニューヨークの取引所がメインになるでしょう。